音楽、メディア、エンターテインメントビジネスを担当。


SaeterらはTidalの社員に取材をした結果、利用者数は故意に水増しされた可能性があると指摘している。筆者も現役社員や元社員に接触を試みたが、情報の公表を拒まれた。

Tidalは最近、ジェイ・Zによる買収の際に利用者数の水増しがあったとして、かつての主要株主を相手に訴訟を起こした。しかし、Tidalの運営会社であったAspiroは当時上場企業で利用者数を公表しており、虚偽報告があれば買収監査において明らかになっていたはずだ。また、ジェイ・Zが訴えている問題の原因は、今回Dagens Naeringslivが報じた疑惑とは無関係であると思われる。

Dagens Naeringslivの報道によると、2015年10月のTidalの内部資料において、突如として利用者数が17万人増え、100万人に到達したという。その直後にジェイ・Zは「利用者数が100万人を突破した」とツイートしている。この急増は、デンマークとノルウェーで退会済みのアカウントをユーザーに無断で復活させたことが原因だと思われ、Tidalの社員もこれを認めているという。

Tidalには買収の噂が絶えなかったが、利用者数の実態が報告されている数字よりも大幅に少なければ会社の評価額に影響を及ぼす。同社の経営は赤字が続いており、経営難もささやかれている。

しかし、貧困からアメリカンドリームをつかんだジェイ・Zは、いかなる逆境も跳ね返す力を持っている。Dagens Naeringslivの記者たちが、筆者が執筆したジェイ・Zの伝記「エンパイア・ステート・オブ・マインド」を読んで筆者に連絡をしてきたので、「ジェイ・Zは、一見不可能と思える状況からでも価値を創造することができる男だ」とコメントした。

ジェイ・Zの歌の一つに、次のような一節がある。「俺は冬に氷を売り、地獄で火を売る。俺はハスラーだ。井戸に水を売ることだってできる」

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい