Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

News and opinion about video games, technology and the internet

photo by Tomohiro Ohsumi / gettyimages

ガジェット界では間もなく発売の任天堂スイッチの話題で持ち切りだが、筆者はここで、ソニーが数か月前に世に放ったプレイステーションVR(PSVR)について書いてみたい。2016年10月に発売されたPSVRは、最近ほとんど話題にのぼらなくなった印象がある。

ソニー自身もPSVRについては多くを語っていない。PS4 Proを含むPS4の累計実売台数が全世界で5,000万台を超えたというニュースは流れたが、PSVR の販売台数に関する言及は無かった。ソニーはPSVRの売上は順調だと述べるのみだ。

調査企業SuperDataは2016年のPSVRの売上台数予測を、以前の260万台から75万台に減らしている。この数字はオキュラスやHTCより上だが、自慢できる数字と呼ぶべきものではない。2017年を迎えた今、ソニー自身が「スロースタート」を予想しているとしても、PSVRの今後について予測するのはかなり難しい。

PSVR向けゲームのリリースに関していうと1月24日には「Resident Evil」が、3月14日にはユビソフトの「Star Trek Bridge Crew」が発売される。通年では15本程度のゲームがリリース予定というが、ソニー自身のサイトにも2017年のリリースに関してあまり多くは語られていない。

この状況を一体どう捉えるべきなのだろう。PSVRに人々の関心を向けさせるタイトルは、今後まだ登場するのだろうか。

ソニーの置かれた状況は厳しい。立ち上げ当初のPSVRの売りはPS4と連動させることにより、オキュラスやHTCの製品よりも格安でVR体験が可能な事だった。PSVRは価格面でのメリットはあるが、オキュラスやHTCに比べるとテクノロジーとしての完成度は劣る。時間が経過する中でPSVRの技術は古びたものになっていく。そうなれば次に登場するのはPSVR 2.0ということになるのだろうか。

ソニーが、マイクロソフトがKinectで犯した失敗と同じ道を辿ろうとしているとは思いたくない。今年のE3ではPSVR関連の発表も期待できるだろう。しかし、全てが思わぬ方向に転がったとしたら……。ソニーがこの製品から撤退してしまうことも大いに考えられるのだ。

PSVRの将来が危ういのと同様に、コンシューマー向けVR市場全体についても、現状では確固たるビジョンが見えてこない。テクノロジーとしてのVRは画期的でエキサイティングだが、まだニッチの領域を飛び出してない。

PSVRに関する進捗が伝えられない一方で、オキュラスやHTC Vive関する話もここ最近めっきり聞かなくなった。PSVRが非常にユニークなポジションにあることは確実だが、ソニーはこの製品の売り出しに苦戦しており、その事はVRデバイスが安価さや操作のしやすさを打ち出しても、消費者を十分説得することはできないという事実を示している。

ソニーはPSVRの次期バージョンに向けての構想を温めているのかもしれないし、今年中に1本か2本の大型タイトルがリリースされるのかもしれない。しかし、現状でソニーはほぼ沈黙しており、今後を予測することは難しい。その間にこのテクノロジーは徐々に古びていき、目立ったゲームも発表されないまま時間だけが過ぎていくことも考えられる。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい