Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノロジー、eコマース担当ライター。

Lily社のドローン (Photo by Alex Wong/Getty Images)

3,400万ドル(約39億円)分にも及ぶ予約注文を集めながら先日、事業停止を発表したドローンメーカー「Lilyロボティクス」社に新たな疑惑が浮上した。

米サンフランシスコ地方検事局はLily社を「プロモーション動画内で実在しないドローンの機能を宣伝し、消費者らを欺いた罪」で告発した。検事局によると動画に収録された映像は、ほぼ全て競合のドローンを用いて撮影されたものだったという。

Lily社の共同創業者のHenry BradlowとAntoine Balaresqueは2013年に、カリフォルニア大学バークレー校の地下室で同社を創業した。「飛ばないカメラを全て時代遅れにする」と宣言した彼らは大きな注目を浴び、同大学の学部生らが運営するFree Ventureを手始めに、SV Angelやアンドリーセン・ホロウィッツのパートナーを務めるShana Fisherから資金を調達した。

その後、DropcamやGoProの役員からも助言を得つつ開発を進め、2015年5月に公開したデモ動画は世界中の注目を集めることになった。しかし、その動画こそがLily社のトラブルの始まりだった。サンフランシスコ地方検事局は動画が、他社製ドローンを用いて撮影されたものであることを、社内のEメールや関係者の証言で突き止めたという。

訴状によるとLilyはデモ動画公開時に全く自社の製品を作っておらず、動画で宣伝された“一人称視点“の映像はGoProカメラで撮影されたものだったという。裁判資料として入手した社内メールで、CEOのBalaresqueはスノーボードの撮影カメラマンであるBrad Kremerに対し次のようなメールを送っていた。

「Lilyで撮影した動画が実はGoProで撮られたものだという事実はユーザーには知られたくない。編集の段階でそれが分からないように映像を加工してもらえないだろうか」

フォーブスはKremerにコメントを求めたが、係争中の事案についての回答は避けたいとの返事だった。Kremerからは加工を了承する返事が得られたものの、Balaresqueの心配は尽きなかった。Balaresqueは再びKremerにメールを送り「レンズに詳しい人々が、この映像がGoProで撮られたと見破ることを心配している。自分はレンズのことはあまり分からないが、嘘をつくと決めたからにはかなり慎重にやり遂げる必要がある」と述べていた。

スナップチャットに「身売り」を画策

検事局はまた、映像の一部は2,000ドルのプロ向けドローンのDJI Inspireで撮影されたと主張する。Lilyはデモ動画の撮影に外部メーカーのドローンを使用したことを一切明かしていなかった。

2016年1月のフォーブスの取材に対し、Lilyの広報担当者は「デモ動画は複数の動画クリップを組み合わせて制作されており、機能の向上のために複数のパーツを変更した結果、実際にユーザーの手元に届く機体は動画とは違うものになる」と述べていた。

プロモーション動画は詐欺だったにも関わらず、Lilyはメディアの大注目を集め、予約開始から2週間で1,300万ドル分の予約を獲得した。一台499ドルから899ドルのLilyはこれまで合計で6万台分の予約を集め、獲得した金額は3,400万ドル(約39億円)に及んでいる。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい