PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

Hadrian / Shutterstock, Inc.

韓国メディアの報道によると、iPhone誕生10周年の今年発売される「iPhone 8(仮)」は、モバイル端末としては最高レベルとなるIP68等級の防水・防塵性能を実現する見込みだ。

韓国のビジネスニュースサイト「ジ・インベスター」が、複数の関係筋からの情報として報じた。iPhone 7が実現したIP67の1段階上に当たるIP68は、水面下1.5メートルに30分間浸しても浸水しないことを意味する。

同サイトの取材に応じた情報筋はこれを「劇的なアップグレード」と評しているが、IP68等級はモバイル業界にとって目新しいものではなく、サムスン電子の2016年主力モデルがすでに実現している。同情報筋によると、サムスンの次期旗艦モデルであるギャラクシーS8も同じくIP68等級となる見込みだという。

LGの次期旗艦モデルであるG6も防水・防塵となる見込み。IP等級は今のところ不明だが、LGは今月開催された家電見本市「CES」でIP68等級のミドルレンジモデルを発表しており、G6も同等の性能となる可能性は高い。そうすると、LGはこれまで採用してきた脱着式バッテリーをついに廃止することになる。

筆者は防水性能を必要としたことはないが(ビーチ通いの趣味はないし、トイレでは絶対に携帯を落とさないように注意している)、これに大きな魅力を感じる人がいるのは確かだ。サムスンは、AやJシリーズといったローエンドモデルにも防水性能を搭載させる計画だと伝えられている。

翻訳・編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE