PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the psychological aspects of business.

Dirima / shutterstock.com

新年の抱負で最も多いのは、痩せることや運動をすることなど、「より健康的な生活をする」ことだ。だが、現実には残念ながら、大半の人が目標を達成することなく挫折してしまう。ある調査結果によれば、年明けに掲げた目標を維持できる人はわずか8%だという。

目標を実現できない最大の理由は、注意を向ける先が間違っていることだ。気持ちがそこ(目標達成)に向いていなければ、実現に向けて体が動くことはない。そこで、まずは体を強くしようとする前に、心を強くするための努力をする必要がある。

自己管理能力を高め、すぐに満足してしまうことなく忍耐力を維持するための鍵を握るのは、メンタルをより強くすることだ。あなたの目標が貯金であれ、恐怖心を抱いているものに立ち向かうことであれ、精神的に強くなることが成功を助けることになる。

新しい年に精神力を強化すめるための5つの方法を紹介する。

1. 「自分への思いやりの心」を持つ

考え方は、その人の感じ方や行動の仕方に影響を及ぼす。何か間違えたときに自分を厳しく責めたり、常に批判したりしていれば、自分で自分を抑え込んでしまうことになる。

もっと思いやりのある言葉で自分に語り掛けるようにしてみよう。信頼できる友人と話すときと同じ調子で自分と対話してみることで、やる気が増し、挑戦を続けることができるようになるだろう。

2. 「自分の感情」に目を向ける

あなたの感情は、あなたが出来事をどのように解釈し、物事をどのように決断するかに影響を与える。例えば、不安はリスクを取らないことに、悲しみは何かへの妥協につながる可能性がある。毎日数分でも、自分自身の気持ちについて考えてみよう。

自分がどのような感情を持っているのかが明確になれば、気持ちのバランスを取るための論理的な対応が可能になる。

3. 「内省するための15分」を持つ

日常の慌ただしさに捕らわれ、きちんと考える時間を持てなくなることは多い。だが、静かに考える時間がない状態では、目標達成に向けて自分が今どのような状況にあるのかを確認することもできない。

毎日少なくとも15分、考え事をするための時間を取るようにしてみよう。その日を振り返り、明日何を改善したいか考えてみる。静かな時間は、あなたの一日の中で最も重要かつ有効な時間になり得る。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE