PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology and money + power in Silicon Valley.

Mediumのエヴァン・ウィリアムズCEO (Photo by Brad Barket/Getty Images for WIRED)

シリコンバレーの著名人らの支持も高いブログサービス、Mediumがリストラに踏み切る。同社のCEOでツイッターの共同創業者としても知られるエヴァン・ウィリアムズが1月4日、自身の投稿で明らかにした。

同社は3分の1の従業員を解雇し、ニューヨークとワシントンDCのオフィスを閉鎖する。ウィリアムズはリストラの理由を「広告事業の不調」によるものとした。

2012年に創業のMediumはデザイン要素を極限まで減らし、書き手の思想をテキストで伝えることに集中。ソーシャル機能を高めた新世代のブログサービスとして出発したが、広告に依存する既存のウェブメディアと同様の困難に直面していたことが明かされた。

「広告ベースのメディア運営の難しさを実感した」とウィリアムズは投稿で述べた。「我々がウェブ上で閲覧するコンテンツは、直接的あるいは間接的に企業が支払う広告料によって成り立っている。企業側は彼らの利益を追求し、効果測定を行ない、それにふさわしい報酬をメディアに与える。それが現実だ。そして、状況は悪化している」

Mediumの事業は2016年も順調だと見られていた。同社は創業以来、1億3,000万ドル(約152億円)以上の資金を調達し、ベンチャーキャピタルからの評価額は6億ドル(約700億円)と報道されていた。

創業者のウィリアムズはネブラスカ大学を1年で中退後、ベンチャー企業を転々とした後にBloggerやツイッターを共同創業した。Mediumは立ち上げの当初からシリコンバレーの投資家らを魅了し、グレイロックやアンドリーセン・ホロウィッツ等の名門VCからの支援を受けた。

ウィリアムズの資産額をフォーブスは14億ドルと算定しているが、その大半はツイッターの株式が占めている。

今回のリストラがMediumの企業価値にどう影響するかは不透明であり、同社が今後どのような方向転換に乗り出すのかも明かされていない。ウィリアムズは今回の発表で「今後はさらなるリソースの集中が求められるが、同時に不確定要素も増すことになる。開発やエンジニアチームの大半は会社に残り、プロダクトの改善に務める」と述べた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE