Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology's biggest companies


スクリーンをタップするだけで通知内容をプレビューできる同機能は、アンドロイド携帯では下位モデルの多くにも搭載されており、アップルの判断は不可解だ。ただ、ディクソンに情報を提供した関係者は同機能が「今のところ」iPhone 8のみに搭載される予定だと語っており、今後方針が変わるかもしれない。

iPhoneの販売台数減少に直面し、3世代連続で代わり映えしないモデルを世に送り出したことで、革新的な製品を開発する能力を失ったのではとも言われているアップルにとって、2017年はそうした懸念を払拭する大きなチャンスだ。だが同時に、堅実なアップグレードや、これまで無視し続けてきた重要機能の搭載にも取り組む必要がある。

OLEDの「曲面スクリーン」や高性能デュアルカメラといった新機能は発表時の目玉となるかもしれないが、「タップして起動」や急速充電は日々の使用において同じくらい便利な機能となることだろう。

翻訳・編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE