Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology's biggest companies

charnsitr / shutterstock.com

アップルが今年発売する次世代iPhoneについては、これまでのリーク情報から、デザイン刷新により全面ガラス製になることや、現行機種のアップグレード版に当たる「7s」と「7s Plus」に最上位機種の「8」を加えた3モデルが用意されることが伝えられている。だが、筆者がこのたび独占入手した情報から、これまで長く待ち望まれてきた2つの重要機能が新機種に搭載されることが明らかになった。

以下は、著名なリーク情報提供者で私の良き友人でもあるソニー・ディクソンから入手した新型iPhoneに関する最新情報だ。

1.急速充電に対応

ディクソンは、新モデルが3機種発売されるとの情報を改めて事実と認めた上で、3モデルの全てに充電ポートを管理する新型チップ「トライスター3ハイドラ」が搭載され、急速充電が可能になると語っている。ただ、これには不確定要素も幾つかある。

まず、既存の急速充電規格との互換性があるかどうかは不明だ。同チップはクアルコム社製ではないため同社の規格「クイック・チャージ」には対応しないが、アップルがマックブック製品で積極的に採用しているUSB3.1を利用したものになる可能性はある。ただ、多額のライセンス料をアップルにもたらしているライトニング端子が撤廃される可能性はかなり低いだろう。

次に、チップが急速充電に対応していたとしても、実際に急速充電機能を搭載するかどうかは限らない。実は、iPhoneの現行モデルはiPadの充電器を使えば充電速度を改善できるのだが、iPhoneは高額な価格設定がされているにもかかわらず、この充電器は付属しない。理由は不明だが、アップルがこの充電器を一般消費者の耳に触れないようにしていることは明らかだ。

最後に、ワイヤレス充電についての情報は今のところ入っていない。ただ、筐体の素材が変更されることから、筆者はワイヤレス充電対応の可能性もあると期待している。

2.「タップで起動」はiPhone 8限定機能に

ディクソンによると、アップルはアンドロイド携帯で搭載されている「タップして起動」機能をついに採用する予定だという。ただ、対応するのはデザインが刷新される「8」のみで、iPhone 6から続くデザインを引き続き採用する「7s」と「7s Plus」では対応が見送られる。

翻訳・編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE