Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

Chesnot / gettyimages

2017年の発売が噂されるiPhone 8はアップル社内で“フェラーリ”とのコードネームで開発中であることが分かった。中国のSNS「新浪微博」に投稿された情報によると、このモデルはOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、同時に2つの従来の液晶モデルも開発中だという。

公開された内部資料は、既に報道されているiPhone 8の噂を裏付けるものとなっている。アップルは来年D20、 D21、D22と内部で呼ばれる3端末をリリースする(iPhone 7と 7 Plusの場合はそれぞれD10、D20との名前で開発が進められた)。資料によるとアップルは3機種のうちのハイエンドモデルをフェラーリと名付けたという。初代iPhoneの場合はアップル社内で“プロジェクトパープル”と呼ばれていた。

韓国紙Korean HeraldやフォーブスのJohn Kang記者のリポートによると、このフェラーリと呼ばれる端末は、サムスン製の曲面ディスプレイを採用するという(しかし、筆者が最近、韓国LG本社を取材した際には、LG側もアップルと交渉中であると述べていた)。

このモデルはまた、iPhone 7 Plusよりも小さく、流線型のボディになる。リーク資料によるとフェラーリには、ロジックボードが2つに分割されたマザーボードが搭載され、従来よりもサイズの小型化に成功したという。

その結果、フェラーリではホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれる形になる。アップルのリーク情報の正確さで知られるKGI証券のミンチー・クオも、次期iPhoneからはホームボタンが消え、フロント部分は全面ガラス製で指紋認証機能を備えると述べていた。また筐体の側面にもタッチセンサーが搭載されるとしている。

しかし、これらの一連のテクノロジーはiPhone8を先取りする形で、来年発売のアンドロイド端末に投入される見込みだ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE