PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

Photo by COG Photography / Shutterstock.com

サンフランシスコで自動運転車の公道テストを開始したウーバーは、カリフォルニア州運輸局(Department of Motor Vehicles、 以下DMV)からの中止要請を無視してテストを続行する意向を表明した。自動運転車の公道テストを行うためには、DMVから許可を得た上で150ドルの費用を支払う必要がある。12月16日には、州の司法当局がウーバーの自動運転車プロジェクト責任者であるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)宛てに書簡を送り、テストを即刻中止するよう求めた。副検事総長は、「ウーバーが警告に従わない場合は差止命令を発する」と述べている。

一方のウーバーのレバンドウスキーは、12月16日に行われたカンファレンスコールの中で次のように主張した。「サンフランシスコとピッツバーグでテスト中のウーバー車両は、運転席に人間のドライバーが座り、問題が起きた場合にはいつでもハンドルを握る準備をしているため、自動運転車とは呼べない。DMVがテスラのオートパイロット技術は容認し、我々にだけ取り締まるのは理解に苦しむ」

DMVは今週、レバンドウスキーに書簡を送り、改めてウーバーのテストが違法であると警告した。DMVの局長代理であるBrian Soubletは書簡の中で、「テストを中止して許可申請の手続きを取らないのであれば、法的措置を取る」と述べている。

ウーバーが頑なに警告に従わない理由は不明だ。グーグルやテスラ、フォード、ホンダ、日産などの大手からDrive.aiのようなスタートアップまで、これまでに20社が許可を取得している。150ドルの支払いを拒んで法廷で争えば、比較にならないほど大きなコストがかかることになる。

許可申請をする場合、企業側は事故データをはじめ、いつ自動運転システムが停止して人間のドライバーが操作を行ったのかといった詳細な情報を提出する必要がある。州としては、これらのデータをもとに各社のテクノロジーの洗練度を測定したい考えだ。ウーバーはこうした情報を公表したくないのかもしれない。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE