左からジェフ・ベゾス、ラリー・ペイジ、シェリル・サンドバーグ、マイク・ペンス、ドナルド・トランプ (photo by Drew Angerer / gettyimages)

ドナルド・トランプ次期米国大統領とIT業界の首脳陣との会談が12月14日午後、ニューヨークのトランプタワーで行なわれた。当初、米国の雇用が議題になると見られたが、特定のテーマには触れなかった。

トランプはアップルやフェイスブックなどシリコンバレーの代表らを前にこう述べた。「私は君たちを支援するつもりでいるし、君たちも今のところよくやっているみたいだな」と、アップルのティム・クックやアマゾンのジェフ・ベゾス、アルファベットのラリー・ペイジらに向けて語った。

トランプはテック業界に批判的であると報じられている。自身ではEメールも使わないと伝えられるが、米国の未来にこの分野が重要であることは理解しているようだ。しかし、選挙期間中にテック業界から彼を支持する声はほとんど上がらなかった。

会談には次期副大統領のマイク・ペンスも出席。シリコンバレーで唯一のトランプ支持者だったピーター・ティールがトランプの左隣に座り、報道陣のカメラに微笑んだ。

「最初にピーターに感謝を述べたい。彼は私を以前から支援してくれている素晴らしい人物だ」と述べ、彼の手を両手で包みながら感謝を述べた。

ティールへの謝辞を終えると室内の他のメンバーに目を向けた。フェイスブックのシェリル・サンドバーグ、テスラのイーロン・マスク、マイクロソフトのサタヤ・ナデラ、オラクルのサフラ・カッツCEO、シスコのチャック・ロビンスCEO、IBMのジニ・ロメッティ、インテルのブライアン・クルザニック、アルファベットのエリック・シュミット、Palantirのアレックス・カープらが居た。イヴァンカ・トランプや彼の二人の息子も出席した。

出席者の中で最も強くトランプを攻撃していたのはアマゾンのジェフ・ベゾスだったが、彼は会談後にこうコメントした。「本日の会談は非常に前向きなものだった。新政権はイノベーションを主要な柱としており、そのことで全米に雇用をもたらそうとしている。テック業界に限らず、製造業や農業といったあらゆる分野で」

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO