Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Quora: The best answer to any question.

Photo by hiroshi teshigawara / Shutterstock.com

パーフェクトな昼寝をするための条件とは、どういうものなのだろうか。創業50年の歴史を誇り、世界30ヶ国以上で商品を展開する寝具メーカーVita Talalayの睡眠専門家、リンダ・バウムガルトナーは次のように答えた。

1.眠る前にまず「起きた後に仕事の生産性を上げるために昼寝をするのだ」と自分に言い聞かせる。こう考えることで、目覚めた時にすぐに仕事に戻れる。

2.ランチの後に昼寝する。夕方は熟睡しやすくその後は余計に眠くなる。

3.昼寝の時間は15~20分にとどめるべき。それ以上になると目覚めた時にだるさを感じやすい。30分以上寝ると起きるのがつらくなる。

4.良質な睡眠を促進する食品を食べる。糖分や脂質の多い食品を避けたほうがいい。また、カフェインも摂らない方がいい。バナナやオートミール、ホットミルクを食べたり飲んだりするといい。マグネシウム、カリウム、トリプトファンを含む食べ物は、昼寝の質を向上させる。

5.誰にも邪魔されない静かな部屋で眠る。快適なソファやベッドを確保する。電気を消せば入眠時間が早くなる。

6.眠る前にヨガをするなど、体と心をリラックスさせる方法を試してみよう。体と心を穏やかにしてくれる。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE