Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版




フォーカスとは「ノー」と言うことである。
―スティーブ・ジョブズ (アップル創業者)

 ジョブズにとって、リーダーの役目は「ノー」を言うことだった。部下が「製品の種類を増やしたい」と言ってくれば「ノー」、「これ以上は無理」と弱音を吐けば「ノー」、「デザインより機能が大切」と主張すれば「ノー、大切なのは両方だ」と答えた。

「方向を間違えたり、やり過ぎたりしないためには、『本当は重要でも何でもない』1000のことにノーと言う必要がある」とも語っているように、ジョブズが「イエス」と言ったのは、本当に優れた製品や仕事に対してだけだった。

 そうして妥協することなく理想を追求した結果、Macintoshを生み出し、iPodを開発した。これはアップルが本当に強みを発揮できる市場で、第一級の製品で勝負するためである。つまり徹底した「選択と集中(フォーカス)」を行ったのだ。

 「イエス」を言うのは比較的やさしいが、納得するまで「ノー」を言い続けるのは難しい。明確なビジョンと強い目的意識がなければできない。ジョブズにとっては、それができることがリーダーの条件だったのだ。

桑原晃弥

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい