Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

マーク・ザッカーバーグCEOとプリシラ・チャン (photo by Steve Jennings / gettyimages)

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは先週、新たに9,500万ドル(約108億円)分のフェイスブック株を売却し、妻のプリシラと設立した財団に寄付を行なった。ザッカーバーグは自身が保有するフェイスブック株の99%を、生涯に渡り寄付していくことを誓っている。

ザッカーバーグとプリシラが設立した2つの財団、「チャン・ザッカーバーグ基金」と「チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ(CZI)」は11月17日から18日にかけて、今回割り当てられたフェイスブック株の売却を行なった。2財団は今年10月と9月に、それぞれ1億9,000万ドル(約215億円)分の株式を売却している。

株式申請書類には、ザッカーバーグは2018年までの間に年間10億ドルを超えない範囲で、フェイスブック株を寄付すると記載されている。

ザッカーバーグと妻のプリシラが99%の持ち株の放出を宣言したのは2015年12月のことだった。当時の株価でこれは450億ドル(約5兆円)に相当した。フォーブスの試算ではザッカーバーグの資産額は現在520億ドル(約5.9兆円)。寄付を行なった後もフェイスブックの株価上昇により、彼の資産は増加している。

ザッカーバーグ夫妻は今年9月、今後10年間で30億ドルを病気の根絶のために使うと宣言していた。「世界中の科学者が使える新たなツールを開発し、病気治療のイノベーションを促進していきたい」とザッカーバーグは述べた。

フォーブスの長者番付でザッカーバーグは現在、世界で4番目に富裕な人物となっている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい