PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover the internet in Southeast Asia.

nito / Shutterstock.com

シンガポールでデザインを学ぶ19歳の学生、ジョエル・ウォンはハロウィンの悪ふざけが原因で、警察のお世話になった。ハロウィンを控えたある日、ウォンは殺人ピエロのコスチュームで街に出かけ、動画を撮影した。その結果、6時間に渡り警察から尋問を受けることになったのだ。

ピエロに扮した人物が人々を恐怖に陥れる映像はまず米国で広まり、ヨーロッパやオーストラリアでも被害は拡大している。シンガポールの地元メディアMothershipは10月31日、ウォンとその仲間たちが、悪ふざけが原因で警察の尋問を受け、動画のSNSでの公開を停止するよう求められたと報道した。ウォンたちは10月30日に動画をYouTubeで公開していた。

動画の再生回数は不明だが、実際に被害を申し立てた人は居ないという。しかし、シンガポール警察はウォンの自宅を訪れ、地元の警察署に連行した。ウォンはその後、YouTubeに6分間に及ぶ動画を公開し、謝罪している。

「午後1時に警察官たちが家にやって来て、警察署で6時間に渡り尋問を受けました。当然の報いだと思っています」と、ウォンは“I’m sorry.”と題した動画で告白した。ウォンはその時点で既に殺人ピエロの動画を削除していた。

フォーブスの取材に対しウォンは警察から「メディアには何も話さないこと。また、SNS上で目立たないようにすること」を求められたと話した。彼は動画のコメント欄で既に多くの人々から非難を浴びていたことも、ほのめかした。

シンガポールの法律でウォンは、公的秩序を乱した罪、もしくは社会に迷惑を及ぼした罪に問われる可能性がある。現地では今後、殺人ピエロのいたずらは終焉を迎えることだろう。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE