PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the business of marijuana.

photo by Pascal Le Segretain / gettyimages

ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(VS)」を傘下に持つ米Lブランズ(L Brands)は11月3日、10月の既存店売上高が前年比の2%減少したことを明らかにした。VSの主力製品を「プッシュアップブラ」から「ブラレット」に移行するための販促活動などに注力する中でも依然として、苦戦を強いられている。

Lブランズは同月1日に開催したインベスター・デーで、今年第3四半期(8〜10月)の利益見通しを公表。これまで0.40~0.45ドル(約41~46円)としてきた1株当たり利益の予想を、0.40ドルに引き下げた。

アナリストらは、同社はこれまで控え目な業績見通しを発表する傾向があったものの、今回はそうではなかったようだとみている。RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ブライアン・タニックは、同社の目標株価を82ドルから70ドルに引き下げると共に、2016年通期の1株当たり利益の予想を3.85ドルから3.80ドルに下方修正した。

Lブランズはランジェリー部門の不調を吸収できた可能性がある水着・アパレル部門からの撤退をすでに決めている。これらの部門の不調が、好調を維持する若年層向けブランド「ピンク(PINK)」やスポーツウェア部門の利益を相殺している格好だ。

一方、ブラレットやスポーツブラを買いたい消費者の需要を取り込むため、VSは「お試し価格」での販売なども行っているが、そのコストがLブランズの粗利益を削る結果になっている。

VS不調は嗜好の変化が原因

VSの業績が悪化した背景にあるのは、女性たちの購買習慣の変化だ。ワイヤーが入っていない「ブラレット」を好む女性が増加する中で、VSはブラジャーのパッドを工夫するなどの対応はしたものの、相変わらず「プッシュアップブラ」を中心に販売してきた。

そのため、ブラレットが欲しい消費者たちはネット販売や専門店に目を向け、スポーツブラを買いたい人たちはヨガウェアブランドのルルレモンや、ナイキ、アンダーアーマーなどのアスリート・ブランドで購入するようになっている。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO