PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover the intersection of business, health and public health.

Photo by Joe Raedle/Getty Images

ヴァージン・グループ創設者のサー・リチャード・ブランソンは10月21日、自らのブログで、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプに関する次のようなエピソードを紹介した。

ブランソンは数年前、それまで面識のなかったトランプに二人だけでの昼食に招かれた。マンハッタンにあるトランプ宅を訪れると、テーブルに最初の一皿が運ばれてくるよりも前に、トランプは少し前に破綻した自身の事業と、支援を求めた5人が要請に応じようとしない話を始めた。そして、「この先一生をかけて、5人を破滅させる」と語ったという。

借金を申し込まれることはなかったが、頼まれれば「きっと6人目になっていた」とブランソンは述べている。二人の間で実際にどのようなやり取りがあったのか、知っているのは当人たちだけだが、われわれはこの話から、トランプの人柄をどう判断すればいいだろうか?

トランプを批判している著名な富豪にはブランソンの他にも、投資家のウォーレン・バフェット、マーク・キューバンなどがいる。

「ただでは済まさない」

「復讐」に関するトランプの攻撃性については、その他の人たちの話も報じられている。トランプのおいの妻、リサ・トランプはニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」で、おじたち(トランプと姉・弟)がリサの夫(と家族、夫妻の息子には神経疾患がある)が加入していた健康保険を解約したことを告白。それは、トランプの父の遺言にリサの夫が異議を申し立てた一週間後のことだったという。

また、インターネットメディア「バズフィード」はトランプに関する女優サルマ・ハエックの話を伝えている。ハエックがデートの誘いを断ったところ、トランプはタブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」に、「ハエックは自分とは不釣り合いだ」という記事を書かせたという。

そして、トランプ自身の言葉にも、その性格は表れている。2011年にシドニーで行われたイベントに出席したトランプは、壇上からこう述べた。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE