Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover Asian leaders, entrepreneurs and enterprises.

Tupungato / Shutterstock.com

ドン・チャンと彼の妻ジン・スク・チャンが韓国を離れアメリカにやってきたのは1981年のことだ。軍事クーデターにより全斗煥政権が誕生した韓国は戒厳令が敷かれ、混乱の時代を迎えていた。

「あの頃の韓国の暮らしは大変なものでした。信じられる未来など、ありはしませんでした」とドン・チャンはフォーブスの取材に応えた。

現在57歳のドン・チャンと60歳のジン・スクはファストファッションの老舗「フォーエバー21」を経営。4万3,000名の従業員(うち1万1,000名はフルタイムの女性社員)を抱え、48ヶ国で790軒の店を展開する。年間売上は44億ドル(約4,400億円)に達し、二人は今年米国で最もリッチな人々が名を連ねる「フォーブス400」の222位にランクインした。夫婦の資産額は30億ドル(約3,000億円)と算定されている。

時給3ドルで米国生活をスタート

ロサンゼルスに降り立った二人は新生活を、一日19時間の長時間労働からスタートした。当時、ドン・チャンは22歳。土曜日に空港に着くと求人広告で職を探し、月曜日の朝には小さなコーヒーショップで働いていた。

「時給は最低賃金の3ドル。それだけでは暮らせませんでした」と彼は振り返る。追加でガソリンスタンドの職も得て、一日8時間そこで働いた。さらには、自身でオフィスクリーニングの商売も始め、夜中まで仕事に明け暮れる日々だった。妻のジン・スクは美容師として働いていた。

「小学校6年生の頃からアメリカに行くのが夢でした」とドン・チャンは言う。米国行きを真剣に考えたのは結婚後の事だった。彼は友達から後の妻、ジン・スクを紹介された。いわゆるお見合い結婚だった。

「型にはまったお見合いという感じではなかったけれど、単なるデート相手探しではなく、結婚を意識しながら彼女に会いました」

敬虔なクリスチャンであるドン・チャンは今もほぼ毎朝、妻を連れ添って地元の教会に向かう。結婚して間もなく、二人はアメリカに向かうことを決意した。

「アメリカには巨大なチャンスが広がっていると思いました。多くの人がアメリカンドリームを信じていました」

ガソリンスタンドの店員時代、高級車に乗っているのは衣料品業界の人々だということに気がついた。その後、衣料品店の店員の仕事を得た彼は、これを自分のビジネスにしたいと考えた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい