Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

東京・有明エリアに新設された「BMW GROUP Tokyo Bay」

今年7月にBMWが東京・お台場に開設したブランド体験施設「BMW GROUP Tokyo Bay」。本年7月度の日本での新車登録台数が過去最高を記録するなど、勢いのあるBMWが、なぜ、いまこの施設を日本でオープンさせたのか。今後の展望とあわせて聞いた。

BMWが東京・お台場に巨大なブランド体験施設をオープンすると聞いて、自分の耳を疑った。BMWのドル箱であるアメリカや成長著しい中国ならまだしも、なぜ今、日本に約27,000平方メートルもの敷地に43億円もの投資をして、巨大施設を開設するのだろうか?その疑問に答えてくれる最適な人物が、今回、「BMW GROUP Tokyo Bay」のオープニングにあわせて来日したセールス&マーケティング担当上級副社長のイアン・ロバートソン氏だ。

「コンセプトは”Future retail”です。単なるショールームではなく、お客様の視点や期待に沿った体験ができます。BMW、MINI、ロールスロイス、モーターサイクルと、グループに属するすべてのブランドを見て、触れて、交流できる仕組みです。ドライビング体験のコーナーもあり、東京の町中ではなかなか体験できないパフォーマンスの高さも試すことができます」

そのように世界的にも新しい取り組みとなるブランド体験の場に、NY、パリ、ロンドン、上海といった都市をおさえて、東京が選ばれた理由はどこにあるのだろうか。

「2020年にオリンピックを控えて、歓喜に溢れており、新しい取り組みをスタートするなら、東京がベストだと判断しました。日本におけるBMWの販売開始から30年が経ち、2015年は67,312万台の販売を記録し、BMWが9.4%、MINIが14.2%の成長率を誇る成熟した市場です。今後、東京に来る外国人に、ここでBMWグループのブランドを体験してもらうこともできますし、ここからさらに他の地域へ展開するなどの効果を鑑みると、良い投資と考えています」

BMW傘下に収まるブランドは、本家BMWに加えて、MINIもロールスロイスもブランド力が高いが、それでもあえて、これほどのブランド構築を進めるのには理由があるはずだ。

文=川端由美

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい