Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

今日ほど、日本経済の成長のために「社長力」が問われる時代はない––。

フォーブス ジャパンでは昨年に続き「CEOランキング」を発表する。「Forbes JAPAN」11月号(9月25日発売号)にて、「日本を動かす経営者 BEST100」を表彰。全上場企業調査による「社長の成績表」を全公開する。それに合わせて、9月28日にパレスホテル東京でアワードイベントを開催する。

今年のCEOランキングで重視したのは「企業の長期的価値への貢献」という新たなリーダーの姿だ。そのため、“通信簿”である財務パフォーマンスに加え、環境・社会・ガバナンスというESGパフォーマンスも評価指標に取り入れ、これからの日本に必要な経営者像を映し出していく。

昨年のランキングでは、1位・富士重工業の吉永泰之社長、2位・キーエンスの山本晃則社長、3位・オリエンタルランドの上西京一郎社長が選出された。今年の「日本を動かす経営者」トップは誰だ?

なお11月号では、「CEOランキング」の上位企業、米Forbes選出「世界で最もイノベーティブな企業ランキング」の企業、「最もイノベーティブなスタートアップ」のほか、コーポレート・ガバナンス、イノベーションマネジメント、ダイバーシティ、ファイナンスの分野が優れた企業、社長インタビューを掲載する。

【昨年のランキングを復習!】2015年のトップ100はこちら>>


編集=Forbes JAPAN 編集部

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい