Close RECOMMEND

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆


ペイスケールが作成したランキングのトップ15は以下のとおり。( )内の数字は、意義を感じている割合と、その仕事の平均年収。

1.外科医(98%、30万6,600ドル)
2.麻酔専門医(95%、26万9,800ドル)
3.産科医・婦人科医(95%、20万5,300ドル)
4.内科医(79%、19万9,800ドル)
5.精神科医(90%、19万9,000ドル)
6.家庭医・一般開業医(91%、17万200ドル)
7.小児科医(90%、14万8,800ドル)
8.歯科医(89%、12万8,700ドル)
9.CEO(75%、12万8,500ドル)
10.足専門治療医(84%、12万300ドル)

11.薬剤師(75%、11万4,500ドル)
12.物理学者(79%、10万2,500ドル)
13.検眼医(88%、10万2,300ドル)
14.健康診断士・治療施術士(87%、9万3,100ドル)
15.医療補助士(86%、8万9,500ドル)

編集=森 美歩

PICK UP

あなたにおすすめ