PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about interesting Chinese companies

TungCheung / Shutterstock.com

米パラマウントピクチャーズのSF映画「Arrival」は今年11月に公開が予定されている。しかし、この作品は既に香港で大きな物議を醸している。

パラマウントは先週、12枚のこの作品のポスターを公開したが、そのうちの1枚は香港のビクトリア湾上空を謎の飛行物体がホバリングしている様子を映していた。問題となったのは、香港を描いたはずのこのポスターに何故か中国の上海テレビ塔が映り込んでいたことだ。

パラマウントピクチャーズが一体どのような意図でこのポスターを作ったかは不明だ。しかし、香港市民の多くはこの描写が中国の香港支配強化を表していると捉えている。

50年以上に渡るイギリスの統治を離れ、1997年に中国に返還された香港ではここ最近、中国政府との緊張関係が高まっている。香港の独立を求める市民らは街頭でたびたび抗議活動を行ない、中国政府が支配を強める状況に非難の声をあげている。

中国政府は今年4月、国営新華社通信を通じ「香港の活動家らの言い分は、歴史的経緯を無視した何の法的根拠もないものであり、国家や地域の安定性を脅かす」との声明を発表した。

パラマウント社の公式フェイスブックページには抗議のコメントが殺到し、問題のポスターは掲載が中止された。しかし、その後もSNS上には#hongkongisnotchina(香港は中国ではない)や #whyorientaltowerhere(なぜ上海テレビ塔がここに)といったハッシュタグでこの画像は拡散中だ。

フェイスブックに抗議のコメントを掲載したユーザーの一人は「この映画の宣伝担当者は本当に腹立たしい奴だ。彼らは無知でデリカシーに欠けている」と述べた。また別のユーザーは「中国で金儲けがしたいなら中国で映画を撮ればいいんだ。香港を巻き込むな」と述べた。

一方、中国市民のこの件に関する反応はおとなしい。中国のSNS、ウェイボーでは一部の市民がこの件を指摘したが、大半の人々はこの騒ぎを気にしていない。それよりも、映画の内容を推測したり、果たしてこの映画が中国で公開されるかどうかに関心があるようだ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE