Close RECOMMEND

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆


<就職に最も役立つ修士号トップ10>
1.生物統計学 (給与:キャリア初期6万8,800ドル→中期10万4,000ドル)
2.統計学 (7万1,500ドル→11万2,000ドル)
3.音声言語病理学 (6万1,700ドル→8万2,300ドル)
4.コミュニケーションサイエンス&言語聴覚障害学 (6万2,400ドル→7万9,900ドル)
5.理学療法 (7万1,800ドル→8万6,800ドル)
6.経営情報システム (6万4,400ドル→11万8,000ドル)
7.コンピューターサイエンス (8万4,300ドル→12万5,000ドル)
8.準医師資格 (8万8,600ドル→10万5,000ドル)
9.作業療法 (6万4,200ドル→8万1,300ドル)
10. ソフトウェア・エンジニアリング (8万4,200ドル→11万8,000ドル)

<就職に最も役立たない修士号ワースト10>
1. 刑事司法 (給与:キャリア初期4万1,600ドル→中期6万3,600ドル)
2.スポーツマネジメント (4万3,900ドル→6万7,200ドル)
3.建設管理 (6万1,000ドル→10万3,000ドル)
4.図書館情報学 (4万2,300ドル→5万7,700ドル)
5.ジャーナリズム (4万6,700ドル→7万7,300ドル)
6.美術史 (4万4,000ドル→7万500ドル)
7.税務 (6万1,300ドル→12万6,000ドル)
8.初等教育 (4万800ドル→5万5,100ドル)
9.神学 (4万5,600ドル→5万9,100ドル)
10.建築 (4万6,700ドル→8万2,000ドル)

編集=森 美歩

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい