Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Photo by Sean Gallup / gettyimages

SNSでの最近のトレンドの1つが、一般人がヒット曲をアレンジして作る動画だ。その数は数百万に上っているが、この流れにフェイスブックも関わろうとしているようだ。

フェイスブックは、サウンドクラウド上の音源から19秒の動画を作れるスタートアップのEyegrooveを買収した。買収額は公表されていない。Eyegrooveで作成した動画は“グルーヴ(Groove)”と呼ばれ、エフェクトやフィルターもかけられる。そのためCEOのスコット・スニッブはEyegrooveのことを“インタラクティブ・ミュージックのインスタグラム”であると、音楽メディアWondering Soundのインタビューで説明している。

悲しいことにフェイスブックが買収したことによってEyegrooveは近々サービスが終了となり、同社の従業員の多くはザッカーバーグのもとで働くことになる。Eyegrooveの数十万人程度のファンにとってはかなり残念な事態だ。

CEOのスニッブはユーザーが同社の「ミッションを支持しEyegrooveを素晴らしいコミュニティに育て上げてくれた」ことに感謝する投稿を同社のウェブサイトに行った。

アプリEyegrooveは2014年にリリースされたが、競合のMusical.lyやDubsmashなどと同等のユーザー数やメディアからの注目、そして資金を獲得することができなかった。CrunchBaseによると、Eyegrooveはこれまで総額350万ドル(約3億5,500万円)の資金を調達したが、Musical.lyはその額を優に上回る1億ドル(約101億円)を最近獲得した。フェイスブックは直ちにEyegrooveのような動画が作れる機能を提供するわけではなさそうだが、経験豊富な開発者を手に入れたことによって今後そのようなサービスを展開する可能性は十分にある。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE