Close

PICK UP

ハードウェア及び半導体メーカーについて執筆

Antonio Guillem / shutterstock.com

アップルが数年前からワイヤレスイヤホン向けのBluetooth無線チップを開発していたことが、関係者の話で明らかになった。

イヤホンジャックのない初めてのiPhone(名称はiPhone 7になるとみられる)と共に9月に発売される可能性が高いが、詳細は明らかにされていない。この無線チップは省電力であり、Bluetoothヘッドフォンのバッテリー寿命の短さを解決できるかもしれない。

このチップに使用されている技術は、アップルが2013年に買収した無線チップメーカーPassif Semiconductorのものだ。関係者によると、アップルは当初2015年に発表する予定だったが、パフォーマンスの問題で延期になった。「アップルでは100%の製品でなければ売らない」のだという。アップルのワイヤレスイヤホンに自社のBluetoothチップが使われるか、ブロードコムのようなサードパーティーのチップが使われるかは分からない。

この件についてアップルに問い合わせたが、返答はなかった。

アップルはこれまで無線技術に関してはサードパーティーのチップを使用してきた。セルラーモデムはクアルコム、BluetoothとWiFiのチップはブロードコムから提供を受けている。しかし、アップルは自社製のコンポーネントを増やし、外部ベンダーへの依存を減らそうとしている。

2010年に発売された第1世代のiPadに搭載されたA4プロセッサはアップルが初めて開発したプロセッサであり、同社はそれ以降チップ産業をけん引してきた。2013年にiPhone 5sに搭載されたA7プロセッサは、スマホとしては初めての64ビットプロセッサだった。しかし、アップルはまだ無線チップの開発には成功していない。

必要な技術を買収によって手に入れるのもアップルの方針の一部だ。アップル製品のニュースサイト9to5Macのマーク・ガーマン(Mark Gurman)が2016年1月に報道したところによると、アップルは2014年に買収したヘッドフォンメーカーBeats Electronicsのリソースを利用してBluetoothヘッドフォンの試作品を開発していたという。

Beatsは独自のBluetoothヘッドフォンを販売しているが、アップルのものは右と左のイヤホンをつなぐコードもない完全なるワイヤレスだ。イヤホンは予備の充電式バッテリーと共に収納ケースに梱包されるだろうと9to5Macは報じている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい