Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover personal finance, work, and consumer trends.

Echo / gettyimages

お金の問題に関するストレスは、それがあるというだけでも十分によくないことだ。そうしたストレスは、夜よく眠れなくなるという以外にも、あなたにとってよくないことをもたらす可能性がある──あなたを老けさせるのだ(夜睡眠が十分に取れないから老ける、ということかもしれないが)。

専門誌「リサーチ・オン・エイジング」に先ごろ掲載された調査結果によると、お金の問題で強いストレスを感じている人は10年が経過する間に、それ以上年を取ったように外見の印象が変化することが分かった。

調査は200人を超える対象者に、「財政的ストレス」を自己評価してもらい、1994~1995年と2004~2005年に1回ずつ、写真を撮影した。そして、対象者とは別のグループに、対象者の写真を見て年齢を推測してもらった。すると、より高いストレスを感じている人たちの方が、より年上に見られる傾向があることが確認されたのだ。

「それはそうだろう」と思われるかもしれない。ストレスは精神的な疲労をもたらすものだ。しかし、調査を行った専門家らは、その他の種類のストレスについても同じ調査を実施。ストレスが人の年齢の感じ方にどう影響するかについて調べた。すると、お金による問題がより大きな影響を及ぼしていることが分かった。また、お金の問題を抱えている4人に1人には、心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような症状もみられたという。

興味深い点は、お金の問題に関するストレスを抱えている人でも、それによって急速に老け込んでいると「自分で感じる」ことはないということだ。つまり、その人の自分の年齢に対する感じ方ではなく、他人から見た場合の年齢が引き上げられるということだ。

影響が出るのは「外見」

調査結果をまとめた論文の共著者の一人、ブランダイス大学心理学部のマージー・ラクマン教授は、「その人が自分の年齢をどう感じるか、自分が何歳に見られていると思うか」という主観的な見方には影響は出ないと指摘。他人の目から見た場合の外見的な印象が変わるのだと述べている。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい