PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

自動車投資を最大化する方法やその他に関する執筆を担当。

日産アルティマ photo by Ritu Manoj Jethani / Shutterstock.com


2015年に最も盗まれた新車

1. 日産 アルティマ 1,104台
2. クライスラー 200 1,069台
3. トヨタ カムリ 923台
4. トヨタ カローラ 776台
5. GMCシエラ 670台
6. ダッジ チャージャー 666台
7. ヒュンダイ ソナタ 632台
8. シボレー マリブ 629台
9. シボレー インパラ 594台
10. シボレー クルーズ 586台

最近の車は、セキュリティーの面においてもますますハイテク化している。そして、窃盗犯らもそれに合わせて、最新技術に関する理解度を高めている。多くはVINコード(シリアルナンバー)の違法な変更やキーのクローニング、密輸出など、高度な犯罪手法を用いている。

自動車の安全維持に関する支援を提供するロージャック(LoJack)のパトリック・クランシー副社長は、「コネクテッドカーを盗み出すための技術や知識を持つ窃盗犯らが組織的に行動するようになったことを受け、自動車の窃盗という犯罪自体が変わり始めている。標的にされているのは自動車だけでなく、搭載されている機器に保存されているデータだ。これらが盗み出されてしまえば被害は非常に大きく、同時にデータの復元は非常に難しい」と指摘している。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO