PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about tech, media, culture, and science.

Image courtesy CamSoda

アダルトチャット大手のCamSodaは8月から、女性モデルと顧客が肉体的な“交流”を可能にするVR(仮想現実)プラットフォームの運用を開始する。同社はテレディルドニクス(teledildonics)と呼ばれる技術を開発し、離れた場所に居る人同士が成人向けガジェトを用い、性行為を楽しむことを可能にした。

利用できるグッズはKiirooが販売するもので、モデル側のガジェットの“プレッシャー・データ”を、顧客側にリアルタイムで送信する。同社は「利用者それぞれに振動が伝わることで、現実世界と同じ体験が得られる」と説明する。CamSodaのダロン・ランディーン社長はプレスリリースで「私たちはユーザーに対し、イマジネーションを刺激し続けるようなユニークな体験を提供します」と述べている。

既に女性モデルの「待機所」がオープン

CamSodaは既にVR機器をフル装備したモデルたちの待機所を用意し、入念な準備を進めている模様だ。「いつでもユーザーを楽しませることができるよう、バラエティ豊かな女性モデルたちを揃えています」と宣言している。

テクノロジーに精通したCamSodaファンには毎週行なわれる「スペシャルイベント」も楽しみの1つになる。同社は「VRの可能性を広げ、ユーザーに仮想現実を満喫してもらうイベントだ」と豪語している。

今回の発表は、これまで認知度の低かったマスターベーション関連の産業に新たな光を当てるかもしれない。テック系ブログのアルステクニカは「過去10年で成人向けガジェットのSNSのFriXionやスマートバイブレーターのVibease等が登場したが、特許の問題でイノベーションが阻まれていた」と述べている。

一方でニュースサイトのThe Vergeは「ライセンシング目的で設立されたとみられる企業のHasSexの特許権は存続期間が終わろうとしている」と指摘している。

CamSodaの新サービスに必要なガジェットは同社のサイトから購入できる。それらは同サイトで使わなかったとしても、現実のパートナーと使用できるほか、Kiirooのプラットフォームで相手を探して使用することもできるという。

同社は現状では女性向けのサービスは発表していない。ニュースサイトEngadgetによると、CamSodaのVRプラットフォームにはバグがあり、接続の遅延が発生するほか、「大柄な男性社員が機器の調整のためにVR内に立ち入る」こともあるようだ。

リモート環境の「相互自慰行為」がセックス産業の将来に大きな役割を担うかどうかを判断するには、まだ時間が必要かもしれない。それまでの関心事は、VRにありがちな過負荷による障害でせっかくの体験が中断されないかどうかだろう。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE