Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ハードウェア及び半導体メーカーについて執筆

zeljkodan / shutterstock

GV(旧グーグル・ベンチャーズ)は革新的カメラメーカーLight社への出資に向け、3,000万ドル(約30億円)のシリーズC資金調達ラウンドを実施する。Light社は「コンピュテーショナル・フォトグラフィー(CP)」と呼ばれる次世代技術をカメラに採用した企業。

従来のカメラは露光時間が1つしか選択できないが、CPを使うことにより露光時間が違う写真を撮影し合成できる。視点を移動した写真を合成し、裸眼ステレオグラムを作成したり、複数の写真を自動合成しパノラマ写真を作ることも可能だ。

Lightは獲得した資金で同社が初めて世に送り出すカメラ「L16」の増産を狙う。L16はiPhoneほどの大きさで、販売価格は1,699ドル。16個のレンズで撮影した画像をソフトで合成し、最大5,200万画素を実現する。さらに光路を折り曲げる屈曲光学の技術を採用し、コンパクトなボディながら28~150mmのズームが可能だ。クアルコムの最新プロセッサーSnapdragon 820も搭載している。

L16の先行予約は2015年10月に始まり、すぐに数千台分の予約を獲得したという。同社は2017年からの量産を目指している。

ライトの技術は非常に興味深く、需要もかなり見込まれる。しかし、写真を撮るツールとしてはスマホが圧倒的に利用されているのが現状だ。この分野ではライトロ(Lytro)社がライトフィールド(光照射野)センサーを搭載したカメラを発表したが、持続的なビジネスモデルの構築に失敗し、今はプロ用のVR360度動画カメラの開発を行なっている。

このような同業他社の失敗もあり、Lightはライセンス契約の形で同社の技術をアンドロイド系スマホに搭載しようとしている。iPhoneの生産を手がけ、L16の製造も請け負う台湾のフォックスコンとの間にも、ライセンス契約を結んでいる。フォックスコンは2015年7月に行われたライトの2,500万ドル(約25億円)のシリーズB投資ラウンドにも参加した。2017年の半ばまでには、Lightの技術が搭載されたスマホが発売される見込みだ。

GVのゼネラルパートナーであるアンディ・ウィーラーは、「スマホ搭載のカメラは進歩したものの、まだプロ仕様のカメラとは大きな差があります。ライトの技術はその差を埋めるものだと考えます」と期待を寄せている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE