Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

秘密のガレージで公開された718 ボクスター

ポルシェ ジャパンが6月末、718 ボクスターのデビューを記念したシークレットイベントを開催した。会場となった都内某所のガレージには、首都圏外からも含め多くのファンが訪れた。

いつの時代も誰もが憧れるロードスターであり続け、ダイナミックなドライビングで多くのファンを魅了する718 ボクスター。すべてのスーパースポーツカーの原点となる550 スパイダーの後継車である同車は、サーキットで数多くの記録を打ち立てたレーシングカーだ。

今回のイベントは、その「718」の3文字を受け継ぐことの意味を知る人に、運転の楽しさや所有の喜びを感じてもらうためのもの。期間と場所を限定し、ポルシェの歴史を彩るミッドエンジンスポーツカーの伝説に触れる“大人の秘密基地”というコンセプトで開催された。

参加するにはキャンペーンサイトにあるクイズにチャレンジし、正解しないとガレージの場所を知ることができないというユニークな仕組みだったが、公開後すぐに満席に。その反響と受けて急遽ツイッターでヒントを公開し“自力で突き止められたら入場可能”とすると、予想を超える多くのファンが集まった。

会場では718 ボクスターの実車の展示をはじめ、コンセプトムービーの上映、抽選会も行われた。来場者にはポスターやステッカーなどのオリジナルグッズもプレゼントされ、見て触れて、718 ボクスターを体験できるイベントとなった。

続く7月2日と3日には、全国各地のポルシェ正規販売店において718 ボクスターデビューフェアが開催される。

文=フォーブス ジャパン編集部

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい