Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

2 / 1

Porche 911 Targa GTS (Richard Lautens/Toronto Star via Getty Images)


業界全体では品質向上

起亜にとどまらず、今回の調査で対象とした33ブランドのうち、21がスコアを上げた。業界全体として、品質は前年に比べ6%向上している。

一位を獲得した部門数は、最も多かったのがゼネラル・モーターズ(GM)の7部門。次いでトヨタが6部門、現代自動車とフォルクスワーゲンが4部門ずつだった。また、去年までの数年と比べて特に目立った改善がみられたブランドは、クライスラーとジープだった。

以下に、「100台当り不具合指摘数(PP100)」トップ10に入ったブランドとポイント数を紹介する。

1. キア(韓国)/83

2. ポルシェ(ドイツ)/84

3. 現代(韓国)/92

4. トヨタ(日本)/93

5. BMW(ドイツ)/94

6. シボレー(米国)/95

7. ビュイック(米国)/96

7. レクサス(日本)/96

7. リンカーン(米国)/96

10. 日産(日本)/101

編集 = 木内涼子

トヨタメルセデス・ベンツトヨタ自動車デル起亜自動車現代自動車アウディアキュラキャデラックシボレーランドローバージープトヨタフォルクスワーゲンホンダボルボポルシェレクサスBMW

PICK UP

あなたにおすすめ