Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about interesting Chinese companies

dennizn / Shutterstock.com

グローバルゲーム市場で勢力拡大を図る中国のテンセント(騰訊)がフィンランドのゲーム会社スーパーセル(Supercell)を買収した。これは同社にとって良い買い物と言えそうだ。

テンセントは20日、人気モバイルゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」や「ブーム・ビーチ」のデベロッパーであるスーパーセルの株式の84.3%を86億ドル(約8,990億円)で取得すると発表した。72.2%はソフトバンクから、残りの12.1%はスーパーセルの従業員から取得する。スーパーセルの現在の評価額は102億ドル(1兆660億円)となっている。

今回の取引はテンセントにとって、過去最大の海外ゲーム会社買収案件となる。テンセントはこれまで米ゲーム会社Pocket Gemsに6,000万ドル(約63億円)、米エンターテイメント会社Glu Mobileに1億2,600万ドル(約132億円)、韓国のCJ Games Corpに4億9,400万ドル(約516億円)を出資した。また昨年、人気オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンズ」の開発元である米Riot Gamesを完全買収した。

ゲームで世界進出の強力な足がかりに

スーパーセルによると、同社は1億人のアクティブユーザーを擁している。IHSのアナリスト、ツイ・チェンユー(崔晨宇)は「テンセントはスーパーセルの買収によって、欧米でモバイルゲームを展開する大きな足掛かりを得た」と分析する。野村證券のアナリストによると、グローバルオンラインゲーム会社の平均PER(株価収益率)が16~20なのに対し、スーパーセルの2015年の売上高に基づくPER(株価収益率)は10で、テンセントにとってはお得な買い物だったと言える。

テンセントは海外事業の拡大を必要としている。中国のゲーム市場は近年、急成長を遂げたが、その勢いは減速に向かっている。IHSによると今年の中国ゲームマーケット規模は84億ドル(約8,780億円)と予測され、前年比18.4%増となっている。しかし、その成長率は2017年に8%、2018年には6.5%まで縮小する見込み。アムステルダムの調査会社NewzooのCEO ピーター・ウォーマンによると、今年のスーパーセルのアジア以外での売上高は20億ドル(約2,090億円)を超える見通しで、それはテンセントの昨年のアジア以外の売上高13億ドル(約1,360億円)より多い。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい