Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

フロイデンベルグNOKシーリング テクノロジーの社長、テッド・ダグロスは元生物医学エンジニア。同社はドイツのフロイデンベルグ社と日本のNOKの合弁会社だ。



1個ずつ作ったほうが、コスト削減につながる――。そんな、大量生産の仕組みを真っ向から否定するエンジニアがいる。生物学の知識を生かし、細胞のメカニズムをモデルにした彼のアイデアは、製造業に革命を起こせるだろうか。
1980年代にトヨタ自動車の生産方式をモデルに始まった“リーン生産方式(無駄を省いた生産方式)”。在庫を極限まで抑える努力し、徹底的に無駄をなくすことを目指したシステムが今再注目を集めている。大量生産の現場で起きる海外アウトソーシングの低賃金に起因する品質の低さ、それに伴う補償金の発生などに頭を抱える製造業者が多い中、一風変わった「元生物医学エンジニア」というバックグラウンドを持つCEOがたどり着いた究極の効率性とはこれまでの神話と真逆の単一鋳造という方法だった。これから彼が立ち向かうのは、人々にこれまでのやり方と決別させ、自分のアイデアの利点を理解させる、という大きな壁である。古い体質の製造業・工場生産の現場で、温故知新の挑戦は続く。

ジョアン・ミュラー

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい