世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


KPMGジャパンは今年7月にも同様のイベントを開催する予定(7月15日、東京ミッドタウン)。「成長ビジネスに熱い想いを抱いていたり、悩みを抱えている企業などに、今後の方向性や解決のヒントとなるようなイベントにしたい」と轟氏は意気込む。

轟氏、倉田氏、木下氏はそれぞれ、公認会計士としての監査業務にも日々従事しながら、一連の成長企業支援の活動を行っている。それに対し、「通常業務と折り合いをつけながら、イベントを企画・開催していくのはたしかに大変です。しかしそれよりも、成長企業に関わる方と『場』を共有できることが嬉しいという気持ちが強い」(轟氏)と前向きだ。そして、「仲間として、日本経済を一緒に盛り上げ、新しい世界に向けた想いを共有していきたい」と話す。

また、長くIPO業務に従事してきた木下氏は「新しい何かがうまれる現場を目の当たりにすることに面白さを感じます」といい、「参加者のディスカッションの中から、将来の課題やニーズが見えてきます。そのことが私たちのソリューションの質の向上にもつながるのです」と活動の効用にも触れる。

そして、倉田氏は「起業段階からレイターステージに進むのは『千に三つ』と言われていますが、私はそれよりも確率は高いと思っています。そして、5年後、10年後の未来に、世界的な企業になったという会社の成長に関われたら嬉しいですね」と将来に向けた展望を語った。

イノベーションで企業の変革を支援するKPMGジャパンの企業成長支援活動は、参加者の輪とともにさらに広がりそうだ。

■成長ビジネスの祭典2016夏 開催決定!
成長企業倶楽部では、昨年に引き続き以下の要領で「成長ビジネスの祭典2016夏」を開催予定だ。

日時:2016年7月15日(金)15時~19時半
場所:東京ミッドタウン
基調講演:JAXA シニアフェロー 川口淳一郎氏
成長ビジネスへの取り組み紹介:「サポーター×成長ビジネス」(4チーム)
ネットワーク懇親会
詳細は、www.kpmg.com/jp/0715-mmdにて


倉田 剛◎あずさ監査法人パートナー。企業成長支援本部、BD企画推進部にてIPO関連業務の他、成長企業の経理業務改革などのアドバイザリー業務に従事。KPMGジャパンのマーケット戦略の企画・立案にも携わっている。公認会計士。

轟 芳英◎あずさ監査法人パートナー。企業成長支援本部にてIPO関連サービスを多く手がけながら、イノベーション分野のエコシステム構築、参画に積極的に取り組んでいる。公認会計士。

木下 洋◎あずさ監査法人パートナー。テクノロジーイノベーション支援部長。ベンチャー企業の成長支援業務を長く手掛け、ベンチャー企業との連携を模索する大企業の悩みに着目し、同支援部を立ち上げ活動中。公認会計士。

文=小林麻理

あなたにおすすめ