Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover digital trends in travel, media and entertainment.

Jonathan Weiss / Shutterstock.com

ベライゾンは米ヤフーの中核事業売却の入札においてアナリスト予想を下回る金額を提示したにもかかわらず、買い手の最有力候補となっている。しかし、ベライゾンのライバルAT&Tを含め、ヤフー買収を目論む企業は多い。

ベライゾンはAOLを傘下に持ち、ヤフーを買収すればデジタル広告事業を強化できる。さらにヤフーのライブストリーミング動画を活用して既存の顧客のデータ使用量を増やすこともできるため、ベライゾンにとってヤフー買収は魅力的だ。

利用者は1億1000万人以上

ニュースメディアFast Companyは「アナリストがベライゾンを最有力候補と見ているのは、同社が2015年に44億ドル(約4,665億円)で買収したAOLとヤフーを組み合わせることによる戦略的価値が高いためだ。デジタルメディアに参入し、既存のネットワーク力と広告を組み合わせることによって新たな収入源を作り出す狙いがある」と分析する。

一部アナリストは入札額を40億~80億ドル(約2,240億~8,480億円)と予想しているため、35億ドル(約3,710億円)で入札したベライゾンが勝てるかどうかは微妙なところだ。ベライゾンが入札額を下げた理由は、先月ヤフーがオンラインビジネスの減速を発表したことにあるのではないか、とウォールストリートジャーナルは報じている。

ベライゾンがヤフーの特許や不動産の取得には興味を示していないことも、入札額を抑えた理由かもしれない。AT&TやプライベートエクイティファンドのTPG、ベインキャピタルも入札に参加しているという報道もあり、ベライゾンが競り勝てるかどうかはまだわからない。

しかし、もしベライゾンがヤフーの巨大なユーザーベースとモバイル動画広告を手に入れることが出来れば、成長著しいデジタル広告においてYouTubeやフェイスブック、ツイッターに対抗できるようになる。

来年にはデジタル広告がTVを追い抜く

これが特に重要になってくる理由は、アメリカでは来年にはデジタル広告がテレビCMを追い抜くと見られているためだ。プライスウォーターハウス(PwC)が6月8日に発表した年次調査「グローバル・エンタテインメント&メディアアウトルック」によると、広告収入において今後最も期待できるのはモバイル広告だ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい