Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版




(続き)長期熟成のためには、それに耐えうる上質なブドウが必要なことはいうまでもなく、従って、熟成期間の長さこそが、シャンパーニュの品質を示すバロメーターといっても過言ではない。例えば、偉大な2002年はリリースを先に延ばし、10年以上の熟成をかけたメゾンが少なくない。また熟成のピークは1度きりではなく、2度、3度と訪れるため、20年以上もセラーで寝かせ、再びピークに達したタイミングで、リリースするメゾンも出始めたようだ。

 たっぷり熟成の時をかけたシャンパーニュこそ最高の贅沢である。


Salon 2002
(サロン 2002)
待望の 2002 年は 完全無比なバランス

単一のクリュ、単一の品種、単一のヴィンテージによってつくられる孤高のシャンパーニュが〈サロン〉。コート・デ・ブランのグラン・クリュ、メニル・シュール・オジェのシャルドネのみ用い、長期熟成のポテンシャルをもつ年のみつくられるため、過去100年の間に37のヴィンテージしか存在しない。1999年のあと新たに登場した2002年は、ファン待望のグレートイヤー。まだ若々しいフレッシュさを残しつつ、完全無比なるバランスを見せつける。
750mℓ ¥60,000〈ラック・コー ポレーション ☎03-3586-7501〉


Bollinger R.D. 2002
(ボランジェ アール ディー 2002)
007になりきるなら 大きめのグラスで

R.D.とはRecemment Degorgeの略称。「最近、澱抜きされた」という意味である。基本は〈ボランジェ〉のヴィンテージ物にあたるグランダネだが、それをさらに長期瓶熟させ、最終的な糖分添加はごく少量のエクストラ・ブリュットに仕上げた逸品。ベースワインはすべて樽発酵。ほのかにブリオッシュの香ばしさも感じられるがまだ若々しさが残り、いますぐ楽しむなら大きめのグラスでいただきたい。グランダネもR.D.も、007ジェームズ・ボンドのお気に入りだ。
750mℓ ¥38,000〈アルカン ☎03-3664-6591〉

Moet & Chandon Grand Vintage Collection 1999
(モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ コレクション1999)
豊かなフレーバーと凝縮感溢れる味わい

その年ならではの個性的なスタイルを特徴とする〈モエ・エ・シャンドン〉のグラン ヴィンテージ。現行は2006年。エペルネのセラーでさらに熟成させたものがグラン ヴィンテージ コレクションと名付けられ、これはその1999年だ。ドライフルーツやイーストのフレーバーに、凝縮感溢れる味わいが見事。現在一般には流通していないが、同メゾンの「ダイニング・プロモーション moet.jp/ dining/」の一部参加店舗で楽しむことができる。
750mℓ 参考商品〈MHDモエ ヘネシー ディアジオ ☎03-5217-9906〉


Krug Krug Collection 1985 Magnum
(クリュッグ クリュッグ コレクション 1985 マグナム)
何層にも重なる香りと 永遠に続く長い余韻

多くの熱狂的愛好家をもつ〈クリュッグ〉。古酒好きな英国人カスタマーのリクエストに応じ、セラーに寝かせていた古いヴィンテージを、少量ずつリリースしたのがコレクションの始まりという。1985年のマグナムはパワフルで包容力があり、ブラックトリュフ、蜜蝋、ドライフルーツなど、何層にも重なるフレーバーの嵐。その一方、新鮮味をみじんも失っていないのはマグナムならではだ。永遠に続きそうなほどの長い余韻が素晴らしい。
1,500mℓ ¥220,000〈MHDモエ ヘネシ ー ディアジオ ☎03-5217-9738〉


Laurent-Perrier Les Reserves Grand Siècle Magnum
(ローラン・ペリエ レ レゼルブ グラン シエクル マグナム)
3つの年の融合が生む完璧なるハーモニー

〈ローラン・ペリエ〉のグラン シエクルは、ヴィンテージ表記のないプレステージキュヴェ。先代当主のベルナール・ド・ノナンクールが、性格の異なる3つのヴィンテージをブレンドすれば完璧な調和が得られると思いつき、1952年、53年、55年のブレンドを59年にリリースした。名付け親はド・ゴール元大統領である。レ レゼルブはメゾン創立200周年記念物で、90年、93年、95年をブレンド。このメゾンらしいエレガントさを貫く。
1,500mℓ ¥250,000(参考価格)〈サントリーワインインターナ ショナル☎70120-139-380〉

柳忠之

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい