閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

九州大学アグリ・バイオ研究施設内にある研究所「エディットフォース」では、DNAおよびRNA編集のための技術の開発に注力している。

起業家から、NPO、大学、老舗企業まで、住民総出の街づくり。あなたの街でも、すぐに真似できるモデルがあるかもしれない。全国23拠点を持つトーマツベンチャーサポートからの協力を得て編集部で厳選した、今、最もおもしろい地方のアイデア集。

独自のDNA、RNA操作技術を提供

生物研究で「最上位にある基幹技術」とされるゲノム編集。DNAやRNAの塩基配列を特異的に改変することで、再生医療や遺伝子治療での利用のほか、植物育種のための農業分野での応用、医薬品、バイオエタノール開発など、様々なジャンルへの応用が期待される。

九州大学農学研究院准教授の中村崇裕は、植物に多く含まれるたんぱく質遺伝子PPRを基にした工学技術を発見。ゲノム編集の事業化に成功した。

エディットフォース@福岡県福岡市
2015年に設立された九州大学アグリ・バイオ研究施設内にある研究所。ここでは生物研究と産業の革新に貢献するため、DNAおよびRNA編集のための先進的な技術の開発に注力している。
photo


l

フォーブス ジャパン編集部 = 文

あなたにおすすめ

合わせて読みたい