PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

「奄美に住んで1,300km離れた東京から仕事を受注する」を合言葉に、潜在フリーランスを掘り起こす講座「フリーランス寺子屋」を実施。

起業家から、NPO、大学、老舗企業まで、住民総出の街づくり。あなたの街でも、すぐに真似できるモデルがあるかもしれない。全国23拠点を持つトーマツベンチャーサポートからの協力を得て編集部で厳選した、今、最もおもしろい地方のアイデア集。

フリーランスが最も働きやすい島化計画

豊かな自然に恵まれている奄美大島だが、移住を誘致するとなると、ネックは雇用の問題。

奄美市はそんな離島特有の悩みに着目し、クラウドソーシング最大手のランサーズと、ネット環境さえあれば仕事を請け負えるクラウドソーシングによる地域の雇用創出に取り組んでいる。

2020年までの5カ年計画で200人のフリーランスを島内で育成し、50 人以上の移住者を島に呼び込むのが目標だ。

ランサーズ(本社は東京)@鹿児島県奄美市
「奄美に住んで1,300km離れた東京から仕事を受注する」を合言葉に、潜在フリーランスを掘り起こす講座「フリーランス寺子屋」を実施。100人の島内フリーランス掘り起こしに成功した。

l

フォーブス ジャパン編集部 = 文

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE