Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I offer straight talk on science, medicine, health and vaccines.

(Photo by Sefa Karacan/Anadolu Agency/Getty Images)

米小児科専門誌Pediatricsに最近掲載された研究報告によれば、5歳未満の子どもにおける電子たばこ関連の中毒件数は、2015年前半までのわずか3年間で15倍に増加した。

米食品医薬品局(FDA)は最近、電子たばこも葉巻や無煙たばこ、その他のたばこ製品と同じように規制すると発表。これで18歳未満への販売は禁止されることになるが、拡大しつつある電子たばこ関連の中毒問題に規制がどれだけ影響を及ぼすのかは不透明だ。

中毒事故管理センターに寄せられる電子たばこ関連の中毒の報告のうち、44%は2歳未満の子どもの中毒だ。

「残念ながらこの国では、子どもを炭鉱のカナリアのように扱っている」と、研究報告の上席著者で、オハイオ州コロンバスにあるネーションワイド小児病院傷害研究政策センターのディレクターのゲアリー・スミス医学博士は言う。「電子たばこ製品の中には、幼い子どもにとってきわめて危険なものもある。それでも今回の研究報告で示したような数字を見るまで、危機感は生まれない」

「電子たばこは、子どもの安全を十分に考慮せずに市場に出されている、きわめて毒性の強い製品の新たな例にすぎない」とスミスは指摘する。研究によれば、電子たばこ製品にさらされた子どもは、そのほかの従来のたばこやニコチン製品にさらされた子どもよりも2.5倍、深刻な内科的合併症を発症する可能性が高い。

スミス率いる研究チームでは、2012年1月から2015年4月にかけて、ニコチンまたはたばこ製品に関連した中毒の報告29,141件全てを分析。全米中毒情報データシステムのデータを利用し、6歳未満の子どもについての報告のみに焦点を当てた。すると同時期の報告件数は1か月あたり平均729件、そのうち60%が従来のたばこ関連だった。

16%はそのほかのたばこ製品(葉巻、無煙など)による中毒で、電子たばこ関連の報告は全体の14%だった。その電子たばこ関連の中毒の5件に4件は、子どもによる誤飲(ニコチン液の誤飲など)だ。

「電子たばこ用に何種類もの液体フレーバーが販売されており、その多くは子どもにとって魅力的に見える」とスミスは言う。「一般的な液体フレーバーの容器1つ分に、十分に深刻な結果を招き得る量のニコチンが含まれている可能性がある」

編集=森 美歩

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい