Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

米フォーブス発のニュースを配信

サムスン電子市副会長 李在鎔(イ・ジェヨン) / Photo by Scott Olson/Getty Images

4月28日、フォーブスは「韓国の長者リスト50名」を公開した。首位に立ったのはサムスン電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長で、資産額は125億ドル(約1兆4300億円)。韓国経済の減速により、昨年から7億ドルを減らしたが、李会長は8年連続でトップに経っている。

2年前から闘病中の李会長に代わり、サムスンを率いる彼の息子、李在鎔(イ・ジェヨン)も資産額62億ドルで3位に入っている。

2位には化粧品企業、アモーレ・パシフィックの徐慶培(ソ・キョンベ)会長が入り、資産額は92億ドルだった。世界的な韓流ブームの波に乗り、53歳の徐会長はアモーレ・パシフィックの売上を2020年までに3倍に伸ばし、107億ドルとすることを宣言している。化粧品ブランド「イニスフリー」の拡大に注力しており、昨年は中国で200店舗目をオープンした。

昨年は多くの韓国企業にとって試練の年だった。総合株価指数 (KOSPI)は6%近く下落。韓国ウォンは対米ドルで5.6%安となり、2015年の経済成長率はわずか2.6%だった。

ゲームやモバイル業界からは若手富豪が誕生

しかし、そんな状況下でも資産を増やしたのがオンラインゲーム業界を率いる42歳のクォン・ヒョクビンだ。資産49億ドルで4位に入った彼は昨年、初めてこのランキングに入り1年で35%資産を増やした。彼が率いるゲーム企業、スマイルゲートは2002年の創業だ。

また、企業価値10億ドル以上のスタートアップ企業経営者も二人、ランクインした。総合モバイルサービス企業として成長が期待されるYello Mobileの創業者、Sanghyuk Leeは資産10億50万ドルで34位に。Yello Mobileは2012年に創業。「アジア最大のモバイル・メディア帝国」を目指しており、現在の企業価値は40億ドルとされている。

また、Eコマース大手 Coupangを率いる38歳のキム・ボムソク(Bom Kim)は最年少でランク入り。資産額9億5000万ドルで36位に入った。Coupangは韓国全土で商品の当日配達を売りとしており、昨年6月にはソフトバンクから10億ドルの資金調達を行った。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい