Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

最愛のパートナーとふたりで楽しむ、ホリデーシーズンの特別な食事であればやはりとっておきの非日常を味わえるスペシャルなシチュエーションでいただきたい。そこで料理はもちろん、酒、眺望、サービスなど、さまざまな要素で最高にドラマティックな演出ができる東京きっての特等席を5軒、厳選してご紹介。もちろん席には限りあり。予約はお早めに!

1日1組、完全予約制の密やかな和食店 日本料理 エドア(東京・八丁堀)

「そのお客さまのための最高のおもてなしをしたい」
 若き料理人、高村直子の思いをかたちにした「日本料理 エドア」は、2010年9月、東京・八丁堀の鉄砲洲通りにひっそりとオープンして以来、1日1組の完全予約貸し切り制を貫いてきた。予約がない日は営業せず、入り口には営業日にのみ、小さな木の看板が出される。

 そんな隠れ家を行きつけにすることは、ちょっとした優越感と安心感を与えてくれる。知る人ぞ知る1日1組の店という特別感がゲストに与えるインパクトが、記念日や接待で必ず功を奏するからだ。

 料理は基本的におまかせで、¥15,000から¥30,000まで、¥5,000刻みで4種類。品数は7〜8品で、前菜、椀、お造り、焼き物、煮物または酢の物、食事、デザートという流れで進む。

 内容は季節や日にち、客の希望によっても変わるが、常連客に好評なのはお椀の「季節のすり流し」。熟成豚の味噌漬けを入れた秋の生落花生のすり流しなど、季節感あふれるやさしい味わいは和食ならでは。¥20,000以上のコースに登場する但馬牛の炭火焼きにもファンが多い。和食との相性を吟味した日本ワインも40種類揃い、「中勢以」の長期熟成和牛の濃厚なうまみを赤ワインとともに堪能できる。

 完全予約制ゆえ、予約時に希望を伝えれば苦手な食材を除くことはもちろん、食材や調理法を融通してもらうことも可能だ。
「『華やかに』というご希望をいただけば、お刺身を姿盛りでご用意したり、デザートにデコレーションしたり、精一杯させていただきます」

 もてなす方法を考えるのが楽しくて仕方ないと微笑む女主人の笑顔も、同店の大きな魅力である。

EDOA
●東京都中央区八丁堀3-28-14 飯田ビル1F
☎03-3552-0506(前日までに要予約)
営12:00~23:30(応相談)
不定休
コース¥15,000~、ボトルワイン¥8,000~。
edoa.jp

Megumi Komatsu

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい