PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about entrepreneurship in China's booming tech industry.

conrado/shutterstock

「カップルのムードや親密さに合わせて部屋の照明と温度を調整できるんだ」――中国最大のアダルトグッズのEコマースサイトを運営する、春水堂のリン・ドーガン(藺徳剛)CEOは、建設中のラブホテルについてそう述べた。

中国で最初のアダルトグッズ販売サイトを立ち上げた同社は2002年に設立。以来、急成長を遂げ、昨年は1,300万ドル(約14億5,000万円)の資金調達を行なった。春水堂はLove Poemと名付けたラブホテルに390万ドル(約4億3,000万円)を投資しようとしている。

Love Poemでは天窓がある部屋、鏡を張り巡らした部屋、そしてコスプレを楽しめるようにおもちゃやコスチュームを用意した部屋など50室を用意し、10のスタイルに分けて内装を施している。

中でも独創的なのは、それが“スマート”ラブホテルである点だろう。ゲストの体の変化をモニターする体温計を全室に設置し、二人のムードや動きに応じて部屋の照明や室温を調整する。ゲストはワインやチョコレート、コスチューム、春水堂のアダルトグッズも注文できる。

リンは2009年に思いついたスマート・ラブホテル構想を6年間かけてブラッシュアップし、2015年6月に建設を始めた。中国国家観光局の試算ではラブホテル業界の市場規模は110億ドル(約1.2兆円)。今後、大きな成長が期待できる分野だ。

ロマンチック都市、杭州に建設、一泊232ドルの部屋も

“先進国”の日本で、ラブホテルは時間単位で課金され、プライバシーとリラクゼーションの両立が図られている。宇宙からハローキティまで、多種多様なテーマを持つのも特徴だ。日本にはラブホテルが3万軒以上あり、1日に250万人が利用するという。一方、中国国際放送によると、人口が日本の10倍の中国にはラブホテルは300~500軒しかない。

Love Poemは中国沿岸都市の浙江省杭州市で建設されている。立地についてリンは「白蛇伝説を持つロマンティックで美しい都市だから、杭州に決めた」と説明した。杭州の名所である西湖は、古代中国の蛇と男性のラブストーリーの舞台で、国内でもロマンティックな観光地として知られる。

Love Poemの一泊の室料は92~232ドルを予定し、杭州のシャングリラホテルと変わりない価格付けだが、リンは強気の見通しを崩さない。オンライン旅行サイト螞蜂窩とランキング会社、標準排名の調査によると2015年前半、杭州の五つ星ホテル予約数は、中国全都市最高の前年同期比287%増となった。

リンはアダルトグッズメーカーとしての地位に甘んじていない。彼は自身の夢を「恋愛やスキンシップに関するすべての分野をカバーするホルモン経済の構築だ」と語った。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE