Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。

kurhan / shutterstock

時代を超えて多くの人が、人生の短さを嘆いてきた。それだけではない。人生は複雑でやらなければならないことが多く、私たちの貴重な時間がどんどん奪われていく。仕事もまた私たちの時間を“食う“ものの一つ。しかしその仕事が好きであろうとなかろうと、生活のためには働かなければならない。

だが最近では、仕事は思っているほど“無駄に時間を食う“ものではない。テクノロジーの進歩によってリモートワークが可能になったし、フレキシブルな勤務時間やスケジュールを受け入れる企業も増えている。フレックスタイム制の仕事が見つけられる求人サイトFlexJobs.comでは最近、同サイトに寄せられる求人広告を調査。勤務スケジュールの自由度が高く、年収も高い仕事のトップ10リストを発表した。

リスト作成にあたって対象としたのは、フルタイムの仕事で、勤務の開始時間と終了時間を自分で選ぶことができ、働く時間帯を選ぶことができる、あるいは子どもが病気になったなどのプライベートの都合で勤務時間をずらすことができる仕事。必ずしもリモートワークではなく、自分で働く時間をコントロールできる仕事となる。

そうした仕事の中で最も高収入なのは、精神科医。FlexJob.comに出されている求人広告では、年収提示額は約10万ドル(約1,112万円)~24万ドル(約2,670万円)。最も高い提示額は24万8,364ドル(約2,764万円)だった。この仕事に就くには、医学の学位が必要だ。

顧問弁護士もフレックスタイム制で高収入が得られる仕事だ。法律の学位が必要で高い技能が求められる仕事ではあるが、同サイトの求人広告によれば、この仕事に就けば年収12万7,761ドル(約1,421万円)~22万4,286ドル(約2,495万円)を得ることができる。自分で働く時間を決められる仕事で、これだけ貰えれば悪くないはずだ。

テクノロジー分野では、ウェブアプリケーション・フレームワークのルビー・オン・レイルズ(Ruby on Rails)の専門知識を持つ開発者になると、年収12万6,000ドル(約1,402万円)以上を稼ぐことができる。FlexJobs.comによれば、こうした類の仕事では最高16万ドル(約1,780万円)の報酬が提示されたことがある。

FlexJobs.comが発表したランキングのトップ5は以下の通り。

1. 精神科医
2. 顧問弁護士
3. エグゼクティブ・セールス・ディレクター
4. ルビー・オン・レイルズ開発者
5. 事業開発責任者

編集=森 美歩

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい