PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆

ルパ―ト・マードック Karwai Tang/Getty Images

例えば年収2,000万ドル(約22億1,900万円)からの「減給」とは、どの程度のものなのだろうか。巨大企業を率いた経験を持つ富豪たちの例をみてみよう。

フォーブスはこのほど、米国の役員報酬に関するデータを収集・提供するエクイラー(Equiliar)がまとめた売上高上位100社(米国の公開企業に限定)のCEO報酬ランキングを基に、2015年の年収が多かったフォーブス世界長者番付に名を連ねる人たちのリストを作成した。

エクイラーのランキングは、基本給に加えて現金賞与や株式報酬、その他の手当てなどに関する情報をまとめて割り出したもので、今年4月1日に公表された。

年収トップの「長者」はメディア王

フォーブス世界長者番付に入る人たちの中で、2015年の年収が最も多かったのは21世紀フォックスのルパート・マードック会長だった。前年比でわずかに減少したものの、2,220万ドル(約24億5,960万円)を稼いだ。オラクルのラリー・エリソンが2014年にCEO職を退任したことが、マードックの順位を押し上げた。また、フォーブスのリアルタイムの保有資産ランキングでは、ルパートと親族が保有する資産は2016年4月16日現在、総額126億ドルだった。

2位は2,010万ドルを受け取ったスターバックスのハワード・シュルツCEO。続く3位は、米医薬品開発ギリアド・サイエンシズのジョン・マーティンで、1,880万ドルだった。女性で唯一ランク入りしたのは4位のヒューレット・パッカードCEO、メグ・ホイットマン。昨年の年収は1,710万ドルだった。

このほか、前年に引き続き名前が挙がったのは、米国最大のドラッグストアチェーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスのステファノ・ペシナ、ペンスキー・オートモーティブのロジャー・ペンスキー、フェデックスの創業者フレッド・スミス、小売チェーン大手シアーズ・ホールディングスのエドワード・ランパート、投資会社バークシャー・ハザウェイを率いるウォーレン・バフェットだった。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE