Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Spotify共同創業者でCEOのダニエル・エク (Photo by Taylor Hill/FilmMagic)

音楽ストリーミングサービス最大手のスポティファイ(Spotify)は、近年、音楽業界で最も成功しているスタートアップのひとつであり、スウェーデンが誇る企業だ。スウェーデンは首都ストックホルムをスタートアップやテック企業、また、あらゆるイノベーションのハブにしようと取り組んでおり、スポティファイの輝かしい実績は、まさにその成功例と言えそうだ。

しかし、スポティファイが本国のビジネス環境に満足しているとは限らない。スポティファイの共同創業者、ダニエル・エクCEOとマーティン・ローレンヅォン会長は Mediumにスウェーデン語で投稿し、「法律や規制が変更されなければ、スポティファイはビジネスの本拠を他国に移さざるを得ない」と述べた。投稿は「動かなければ、破綻する」という趣旨のタイトルで始まっており、二人が本気であることは間違いない。

高い課税率、住宅事情の悪さが原因

エクとローレンヅォンは、ストックホルムのビジネス・コミュニティが直面している様々な問題(教育や税金、そして特に住宅に関する問題)に関し、不満を述べた。そこには、将来スポティファイで働くような人材を輩出するプログラムを学ぶ若者が足りないこと、また、ストックオプションは社員にとって大きなインセンティブとなるが、過大な税金が課されているとした。

特に深刻な問題は、ストックホルムは国際都市でありながら、増加する労働人口に見合うだけの住宅がないことだ。筆者は昨年夏、エクが主催したカンファレンスで個人的に話を聞いた。その時に彼はストックホルムの住宅危機を憂慮していた。彼は、スポティファイがストックホルムに本拠を置いていることには満足で「ビジネスをやるのに素晴らしい場所だ」と述べていたが、その後の政府の対応は満足できるものではないようだ。

今のところ、二人は本社移転を決定した訳ではないが、移転候補地として第一候補のニューヨークを筆頭に、ロンドン、シンガポールなどの都市名を挙げている。もし状況が改善しなければ、スポティファイは本国を去ることになる。同社は既にニューヨークに拠点を持っている。移転が実現すれば、スウェーデンの音楽業界への打撃はかなり大きいだろう。同時に、ニューヨークの音楽やテック、スタートアップシーンにも、多大な影響を与えることになりそうだ。


編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい