Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I am grounded in autos but range broadly.

Justin Sullivan / Getty Images

デトロイトでは最近、多くの人が同じ室内ゲームに興じている──いや、実際には、フランクフルトでも東京でも、ソウルでもそうだ。誰もが「テスラ羨望」というゲームに夢中なのだ。

すでに約33万5,000台の注文を受け付け、その後も予約件数を増やしているテスラの新型EVセダン「モデル3」は予約金として、同社に少なくとも3億3,500万ドル(約363億円)をもたらした。実際の車は1年半先まで、ショールームに展示されることも、購入者の自宅のガレージに置かれることもないのだが──。

イーロン・マスクのスタートアップは、これまでどの自動車メーカーも、夢見た経験さえないことを成し遂げた。

デトロイトの住人たちは、マスクがスティーブ・ジョブズではなく、プレストン・タッカーのような末路をたどることを願っている。タッカーは1948年までにセダンを生産、販売したものの、ありもしない車を売ろうとしていると批判されたことで知られている。

タッカーはマスクと同様、因習を打破しようとする人だった。そしてテスラと同じように、タッカーの車も画期的なデザインとイノベーションを誇った。だが、タッカーはわずか2年ほどで、自動車業界と政府、自らの尊大さに押しつぶされた。

テスラはすでに、新型クロス―バー、「モデルX」の一部の部品が不足し、生産が遅れているのは「自信過剰」によるものだと公式に認めている。デトロイトの人たちの多くは、マスクがあらゆる障害を乗り越え、凝り固まった自動車業界よりも先に電気自動車を大衆化できると証明できるよりも前に、その自信過剰によって破たんすると考えて(少なくとも、そう願って)いる。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい