Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover companies and markets in Greater China and Korea.

韓国の人気ドラマ「太陽の末裔」で従軍医師を演じるソン・ヘギョ (Photo by Han Myung-Gu/WireImage)

韓国の人気ドラマ「太陽の末裔」の海外初となるプロモーション活動が4月5日、香港で行われた。ドラマは香港のローカルチャンネルViu TVで放送される。

「太陽の末裔」はソン・ジュンギ演じる軍人と、ソン・ヘギョが演じる従軍医師の恋愛ドラマで、戦時下の地中海の架空国家ウルクが舞台になっている。

全16回の同ドラマは韓国で爆発的にヒットし、視聴率調査会社ニールセンコリアによると第5回終了時の視聴率は30%に達した。第11回の放送はソウルで視聴率34.3%を記録。瞬間最高視聴率40.9%をたたき出した。

ドラマの製作費130億ウォン(約12億2,000万円)も、中国企業の資金提供で楽に回収した。バイドゥ(百度)の動画ストリーミングサービスiQiyi(愛奇芸)は、ドラマの中国での独占配信権を1話25万ドル(約2,700万円)で取得した。全体では番組制作費の40%に相当する額だ。「太陽の末裔」は韓国のドラマとしては初めて、韓国と中国で同時放映されて、iQiviのサイトでは10億回以上再生されている。

香港のHuace Media Investmentは2014年、番組を制作したソウルのNext Entertainment World(NEW)に15%に相当する3億2300万元(約54億円)を出資、第2株主となった。NEWはこの出資で潤沢な製作費を確保できた。

Huace Media Investmentは中国のフー・メイチョン(傅梅城)とその家族が経営する深センの上場会社浙江華策影資(Zhejiang Huace Film & TV)の投資部門だ。「太陽の末裔」が2月24日に放送を開始して、同社の株価は17.6%上昇している。

韓国ポップカルチャーの最大の輸出先の中国で、このような提携は今後も増えるだろう。聯合ニュースは数週間前、韓国のファンタジーアクション映画「D-WARS ディー・ウォーズ」の続編が中国の国有企業から5億円の出資を受けて中国で制作され、2017年に公開予定だと報じた。


編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい