Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I look at the impact of mobile technology and online media.

(Photo by Sefa Karacan/Anadolu Agency/Getty Images)

3月31日に発売されたiPhone SEの売れ行きは低調だ。アプリ解析プラットフォーム、ロカリティスク(Localytics)のデータを見ると、今回のSEのインパクトは過去のiPhoneをかなり下回っていることが分かる。

ロカリティスクはアプリ内にコードを埋め込むと、そのアプリの利用頻度や行動パターンを分析できるサービス。ユーザーの利用端末も表示されるため、そのデータから機種ごとの大まかなマーケットシェアも推測できる。

過去のデータと比較して、iPhone SEの初週のパフォーマンスはiPhone 5Sや6、6 Plus、6S、6S Plusのどれよりも低いことが分かった。

週明け(4月4日)時点でのiPhone SEのiOSデバイスにおけるシェアは0.1%。過去のモデルの同期間での数値は6Sファミリーが1.3%、6ファミリーは2.3%だった。5Sのシェア(0.9%)と比較すると、実に9分の1という結果に終わっている。

アップルを擁護するならば、iPhone SEはフラッグシップ・モデルではなく、新機能を盛り込んだわけでもない。アップグレード・プログラムの適用外というハンデもあるだろう。また、ロカリティスクのデータには反映されない、「アプリを全くインストールしてないユーザー」も居るのかもしれない。しかし、このデータを見るとSEの今後には大きな懸念を抱かざるを得ない。

iPhone SEはより多くのユーザーにアピールできるよう、安価で発売したモデルで、未来を提案するようなデバイスではない。筆者が別の記事で指摘した通り、アップルは“アメリカのサムスン”に成り下がり、ありとあらゆる製品を開発して万人受けすることを目指している。

その姿勢が顕著に表れたのがiPhone SEだ。5Cのように厳しい批判にさらされることは回避できたが、それと引き換えにアップルは“単なるハードウェア・メーカーの1つ”に近づこうとしているのかもしれない。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい