Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

endermasali / Shutterstock.com

音楽ストリーミングサービスSpotifyのダニエル・エックCEOが3月21日、有料会員数が3,000万人を突破したことをツイッターで明らかにした。このところ、Spotifyの有料会員数は急速に伸びている。

同社の有料会員数が1,000万人を突破したのは、創業からおよそ5年半後だったが、その後1年でさらに1,000万人を加え、2015年6月に2,000万人を突破。そして、3,000万人に到達するまでわずか9か月しかかからなかった。

Spotifyの有料会員がこのペースで増え続ければ今夏の終わりには3,500万人を突破し、2017年初旬には4,000万人にまで増える可能性もある。

現状でApple Musicの有料会員数が1,100万人、ストリーミングサービスTidalは100万人であることからも、Spotifyの凄さが分かる。

Spotifyの総ユーザー数についての公式発表はないが、有料会員と無料会員を合わせたアクティブ・ユーザー数は1億人に迫るとされている。2位のPandoraの月間アクティブ・ユーザー数は2016年2月の時点で8,100万人強。3位のiHeartRadioは2015年夏、リスナー数が7,000万人に達したと発表している。

複数のストリーミングサービスのユーザー数が1億の大台に近づいている事実は、ストリーミングが音楽を聴くための手段として世界中に浸透し始めていることを示している。大手が新たなサービスの提供を始めたり、新たなユーザーを取り込んでいけば、ユーザー数は今後も増える一方だろう。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE