Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

Kimberly White / Getty Images

オラクル会長のラリー・エリソン(71)は近年、「テック業界で最大の負け組」と言われながらも、3月に1日にフォーブスが発表したビリオネアリスト(世界長者番付)では、資産額436億ドル(4兆8,614億円)で世界7位だった。

しかし、その約2週間後の3月16日、エリソンの資産額はマーク・ザッカーバーグを超え、6位に上昇。さらに18日には、ジェフ・ベソスも10億ドル差で抜き去り、5位につけた。テック業界のビリオネアとしてはビル・ゲイツに続く2位に躍り出た。

背景にあるのはオラクルの決算発表だ。3月15日発表の第3四半期決算では、1株利益が0.64ドル(前年同期は0.68ドル)と市場の事前予想を上回り、時間外取引でオラクル株は一時、同日終値比で4%超値上がりした。エリソンの資産額は翌16日の時点で26億ドル(約2,900億円)増加。17日の取引が終了した時点で更に5億5,000万ドル(約613億円)を上乗せし、現在の資産額は総額500億ドル(約5兆5,750億円)と推定される。

一方で17日にアマゾンの株価は下落。ベソスの資産額は5億3,000万ドル目減りして490億ドル(約5兆4,635億円)になり、ランキング6位となった。ベソスは、資産の大半をアマゾン株で保有しているため、株価のわずかな変動が彼の資産額を10億ドル単位で上下させるのだ。

ベソスとザッカーバーグを年齢では数十歳上回るエリソン(71)は、フォーブスのビリオネアリスト(世界長者番付)で2009年以来毎年、上位10人の中に名を連ね、2013年以降は毎年5位の地位をキープして来た。3月1日に発表された2016年版ビリオネアリストでは、ベソスとザッカーバーグの両名がエリソンを僅差で(10億ドルずつ)上回り、初めてトップ10入りを果たしていた。(編集部注:フォーブスは、2016年版リストの作成にあたり、2016年2月12日現在の株価と為替レートをもとに資産額を算出した)

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい